患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がんの不安



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺がんの不安を乗り切る方法とは?

肺がんと不安は切っても切り離せないものです。
これからを思えば、平静ではいられないというのは、あまりにも当然の感情でしょう。
しかし、人間は感情の生き物です。
そしてマイナスの感情は身体にも悪影響を及ぼします。

肺がんになることで不安になり、そのストレスが身体の免疫力を落としてますます病状が悪化する。
そして追い詰められていく度合いが強くなり、収拾がつかなくなるという悪循環が起こります。
この悪い循環は断ち切らなくてはなりません。

不安が肺がんを悪化させるのであれば、それを取り除く必要があります。
名医であれば、そういった心のケアも身体と一緒に行ってくれますが、まだまだそこまでの医療レベルに達していない病院や医師が多いのも事実です。

そうなれば、患者自身でも快適な精神状態を導き出す工夫が必要になります。
たとえば、闘病記を読んで同じ病気に立ち向かっている人の存在を知り、孤独感を和らげたり、今の自分の置かれている状況を冷静に把握するために、紙に書き出してみることで肺がんの不安を解消するというのも一案です。

頭の中で小難しく考えているだけより、実際に紙に書き出してみると、視覚的に現状を理解できるため、感情を抑えて理性で判断できるものです。
すこし時間はかかりますが、十分試してみる価値のある方法でしょう。
ビジネスの手法としては、すでに一般的に提唱されている方法ですが、その活用は肺がんの不安を取り除くのにも応用できます。
主観的な感情を客観化することができれば、今本当にしなくてはならないことが分かります。

ただおろおろしているだけでは、何も改善されることはありません。
人間は感情に支配される生き物だからこそ、冷静に対処する方法を身に付ける必要があります。

また、不安を小さくするという発想を転換し、楽しいことを探すという方法もあります。
自分の趣味に没頭するというのは、大切なことです。
肺がんの不安を忘れられるほどに夢中になれば、脳からドーパミンが分泌され、身体に好ましい影響を与えることができます。

医師との相談の上で許可が下りれば、旅行に行くというのもいいでしょう。
ただし、体力面での問題や病状が急変することがないか、もしそういった場合にはどうやって対処したらいいのか、といったことを確認しておくことが必要です。
旅先の病院での処置でいいのか、それともかかりつけの病院に連絡をするべきか、とりあえず駆け込んだ先の病院に伝えておく留意点があるのかということ一つで、治療方法が変わってくることもあります。
旅行で肺がんの不安を忘れることは大切ですが、必要な準備は事前に行っておきましょう。

旅行以外の趣味でも、もちろんかまいません。
趣味がないという人でも、生活の中で楽しいと思うことや、嬉しいと感じることはあるはずです。
気の合う友人と食事をしたり、好きな雑誌を読んだり、テレビを見たりすることでもかまいません。
気分が高揚すれば、自然に肺がんの不安も忘れられるはずです。

最近では、笑いの効用も注目されています。
お笑い番組を見たりすることで笑い、それが病気の治療に役立つというものです。
これも肺がんの不安を取り除くことに通じるものがあります。
心と身体が連動していることを示す格好の例と言えるでしょう。

こうしたことからも、ただふさぎこんで毎日を過ごすだけでは、健康から遠ざかるだけだということがわかるでしょう。
もちろん、病気の告知を受けて落ち込むのは当然のことです。
平気でいろというのは酷な話でしょう。
肺がんで不安を覚え、そこから何もする気力がなくなってしまうというのも、無理はありません。

しかし、そのままではいけません。
たとえ病気の告知を受けても、明日はやってきます。
肺がんの不安を乗り越え、その先にたどり着かなくては、残った人生を暗い気持ちのまま過ごすことになってしまいます。

本当はもっと打つべき手はあるのかもしれません。
ただ、視野が狭くなってしまうと、そういったことにも気付かないまま通り過ぎてしまうのです。
もっと力を抜いて、リラックスしてみることです。
不安で肺がんを悪化させることが目的ではないのですから、人生を思う存分楽しみましょう。

告知を受けてそれに制限がかかってしまうことは否定しませんが、すべてが終わってしまったわけではありません。
終わったのではなく、状況が少し変わったというだけの話です。
まだまだ人生は続きます。


 肺がん名医が選ぶ健康食品



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


「肺がん名医が厳選した健康食品で完治を!
かつては不老長寿の薬ともたたえられた究極の素材が、現代医学により改めてその効用を再認識されています。
今なら、もれなく無料サンプル贈呈中!」

上のような文言を見たとき、あなたはこれを単なる過剰なキャッチコピーだと思うでしょうか?
あるいは、肺がん名医が健康食品を勧めるわけなどないと思うでしょうか?
それとも、これで完治できると喜んで飛びつくでしょうか?

どの選択が正しくて、他のものが間違っているというわけではありません。
健康食品も肺がん名医も世の中には存在しているわけですから、その2つが結びついたところで、さほどの不思議はありません。
とはいえ、上記の言葉が過大広告であるという疑いは必要でしょう。

病人は、特に命に関わるような重病にかかっている患者ならなおさらですが、救いを求めます。
その心の隙に付け込むようなビジネスの仕方を取る業者がいることも当然のことでしょう。
肺がん名医が健康食品を勧めるというのなら、その根拠や経歴について詳細なデータが提示されているかどうか等を、まずは確認するべきでしょう。

悪徳商法か、本当に良質なものなのかどうかは、必ずしも明確ではありません。
何しろ、一目でばれてしまっては、悪徳業者は目的であるボロ儲けができないからです。
本当にその健康食品を肺がん名医が推しているのかどうかということについては、確認しないことにはなんとも言えません。

もしかしたら、営利目的でヤブ医者と提携した企業が開発した胡散臭い商品なのかもしれません。
それでも医師の紹介付きということになれば、世の中ではある程度もてはやされます。
病院や医師の権威というのは、日本においてなみなみならぬものがありますから、それは否定できない事実です。

医師になるには受験資格や国家試験がありますが、ヤブ医者か肺がん名医かということについては、明確な基準があるわけではありません。
勝手に権威付けをして、平均的な医者を高尚な目的と優れた技術をもった医師のように吹聴することは難しいことではありません。
それでも、切実に完治を願う患者には、一筋の光に見えてしまうのです。

健康食品を勧める肺がん名医の経歴については、チェックが必要です。
もしかしたら、たいした専門性すらも持っていない可能性すらあるのです。
本当にこれまで多くの患者の治療に当たってきたのか、功績を残してきたのかということについて公開されていないとなると、私なら信じることはできません。

情報公開は、医療の現場では欠かすことのできないことです。
そんなことすらも実践できていないようでは、肺がん名医が健康食品を推しているなどといっても、本当だろうかという疑いが残ります。
まず、その医師が本当に腕と知識を持っているのかという疑問に応えることが、販売業者として最低限の責務でしょう。

肺がん名医が勧める健康食品を販売しているとなれば、そこには責任が生まれてきます。
何しろ、それを購入するのは健康を取り戻そうと必死な患者やその家族・知人なのです。
軽い気持ちで目先の利益の確保などに走られたのでは、たまったものではありません。

お金がほしいというのは当然の欲求ですが、病気を金儲けの道具にすることは、許すわけにはいきません。
本当に肺がん名医が健康食品を認めたというのなら、そこには臨床データ等の蓄積もあるはずです。
ちょっと資料を見ただけで、これは薬よりもずっと優れているなどという判断を下せるわけはありません。

たしかに、抗がん剤には副作用がありますし、それはしばしば深刻なものです。
しかし、長年の医療機関の研究により、それが現状のベストだろうと大勢の医師に認識されているからこそ、その抗がん剤が普及しているのです。
それを凌駕する効果のある健康食品と肺がん名医が認めたとなれば、そこには確かな裏付けがあるというのが自然な流れでしょう。

やみくもに抗がん剤を否定すればそれでよいというわけではありません。
長所と短所をそれぞれ把握しながら、個々の患者に最適な治療方法を決定するのが医師の仕事です。
まして、肺がん名医ともなれば、最先端医療技術や高度な技術を要する手術など、平均的な医師よりも選択肢は多くなります。
その選択肢は、往々にして1人の医師ではなく、多くの医療関係者の研究や実践によって確かさを増してきたという経緯を持っています。

だからこそ、患者は病院に通い、医師の判断を仰ぐのです。
その医師が、まして肺がん名医が健康食品を提案するとなれば、そこにはこれまで培ってきた信頼もかかってきます。
無責任な言動は、命に関わる仕事である以上、大きな信用失墜につながります。

冒頭にあったような文言を見たら、まずはどれだけの情報が提示されているかを確認しましょう。
そのうえで、納得できれば試してみるのもいいでしょうし、やめておくというのも一つの選択です。
ただ、どちらの決断をするのも、最終的には自己責任となります。
健康食品を肺がん名医が勧めているのだからと、すべてを鵜呑みにしてはいけません。

みずから情報を噛み砕いて、その上で決断を下しましょう。

「がん治療」悩んでないで医師電話相談

全国のフコイダン療法推進医師との電話相談をしながら正しく「フコイダン」を

取り入れていただける「超高濃度フコイダン30」の健康ぐみです。



 肺がん名医と闘病記に記された真実



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺がん名医を闘病記に見ると、その存在の大きさと信頼できる医師のいる安心を感じずにはいられません。
大病院ならそれでいいとか、近所の医院がいいとか、そういう問題ではありません。
手術にせよ抗がん剤の投薬治療にせよ、裏づけとなる診断の分析が正しくなくては意味がありません。

その判断を肺がん名医にしてもらうことができれば、闘病記に記されているような、回復を見られる可能性も高まってくるというものです。
反対に、実力のないヤブ医者のみの病院では、治療可能な病状すら有効な手立てを打たないことにより、症状が進行してしまうケースもあります。
それなら、どのように医療機関を選択すればよいのでしょうか?

時々、週刊誌で病院のランキングを行っていますが、出版社の見方や利権によって左右される可能性もありますし、そもそも都合よくいつでもそういった病院や肺がん名医ランキングといった特集を組んでいるわけではないので、いたずらに時間だけが過ぎてしまう結果にもつながりかねません。
そうなってくると、雑誌のみによる捜索は、あまり好ましい選択ではないということになります。
もちろん、参考にするのは大いに結構ですが、病気ごとのランク付けということでなくては意味をなさないことを考慮しても、あまりふさわしくはないでしょう。

たとえば、医療技術や設備はそろっているものの、肺がん名医はいない大病院というものもあります。
星の数ほどあるすべての病気に対して同レベルの医療を行うということは不可能です。
そうなってくると、雑誌の特集で欲しい情報が思い通りに手に入るということはあまり期待できないでしょう。

雑誌で肺がん名医を探そうといういうのは、主体的な態度というよりは受け身の姿勢ということになります。
しかし、そんな呑気なことをいっている場合ではありません。
放置しておいても、病気は進行していくのです。
手遅れになるまでの時間が刻一刻と減っているのに、答えが降ってくるのを待っているわけにはいきません。

では、自ら能動的に肺がん名医を探す方法はないのでしょうか?
私がお勧めするのは、闘病記を読み、そこから見つけ出すという方法です。
患者が個人として記したものであるだけに、商業目的ではないので信憑性が高くなります。
もちろん、その人特有のケースということもありますが、それは数を読み込んでいくことで解決します。

闘病記で肺がん名医を探すということであれば、グーグルで検索すればよいだけの話です。
こんな時には、検索エンジンはグーグルがもっとも質のよい結果を出してくれるようです。
あとは上位に表示されたサイトから、順番に見ていくだけです。

もちろん、ホームページを隅から隅まで読みきる必要はありません。
闘病記の中でも肺がん名医について記述されている部分だけを選んで目を通していけばよいでしょう。
検索結果で1位に表示されたサイトが、20位のホームページに必ずしも勝っているとは限りません。
それより、それぞれのサイトのおいしいところだけを厳選していったほうが、あなたに有益な情報を得やすいはずです。

ネットには情報が溢れています。
名医を肺がん闘病記で探すということであれば、もちろん実名や病院名、所在地がわかるのがベストですが、その全てが分からなくても、どうやって出会ったかなどのアドバイスだけでも十分な収穫です。
方法論さえ分かれば、あとはそれを実行するだけの話です。

何をすればいいかもわからず、ただ告知におろおろして混乱しているだけでは、事態が好転することはありません。
むしろ、困惑はストレスになってマイナスにつながるだけです。
闘病記で肺がん名医を見つけることができれば、しっかりと相談をしてどのような治療方針を選ぶのかを確認しておきましょう。

確かな希望があれば、毎日の暮らしが平穏なものに変わります。
ヤケを起こすこともなければ、不安にさいなまれて塞ぎこむような生活からも抜けられます。
それは肺がん名医として闘病記に書くことができるぐらいの確信を持って、関係を構築していくことが欠かせません。
病院であれば、それだけで権威がついてくるという時代は終わりました。

すでに専門性を持って、それを強みとしてセールスポイントにして患者の信頼を勝ち取る病院や医師が求められているのです。
その時代の変化に対応して肺がん名医を闘病記で探し出すというのは、一日ですべて終えようとしたら疲れます。
それよりも、短い時間でも毎日こつこつと積み上げていくことです。

書籍でも販売はしていますが、それ以上に患者の生の声が記述されているのが、ネット上の闘病記でしょう。
今では手軽にできるブログもあるので、数多くのものが見つかるはずです。
それそれが患者の生きようとする営みの記録です。
それは他人事には思えないものでしょう。

実際、読んでいて勇気付けられることも多いはずです。
肺がん闘病記で他の患者がどのような暮らしを送っているかを知ることで、自分の生活に取り込むこともできるでしょう。


 肺がんの検査



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺がんの検査を受けるなら、信頼できる医療機関でなければ意味がありません。
まず第一に、専門性を持った病院でなければ、信頼に値する診断結果として評価することはできません。

いくら肺がんの検査査をしたところで、一般的な健康診断が可能というレベルの医療技術しか持たない名医や権威が不在の病院であれば、診断結果が正確であるかどうかが疑われます。
セカンドオピニオンは大切なことですが、それをいくつも繰り返さなくては不安だということでは、きりがありませんし、患者の負担は不必要に増加します。
確実な診察をしてもらえるということは大切なことですし、特定の病気の不安を抱えているということであれば、その病気に強い病院を選んで診療をうけるべきでしょう。

内科や外科のように、大雑把に専門範囲は区切られていますが、実際の高度医療の現場では、それがさらに細分化されています。
何でも屋のような医療機関よりも、肺がんの検査をする名医や権威が常駐していたり、設備が整っていたりという病院の方が適しているということは、至極当たり前のことでしょう。
しかし、現実にはそれだけの情報の収集を事前に行わず、ただ成り行きで闘病生活に入っていく患者が少なくないのです。

健康を失ってしまい、病気との共存を考えなくてはならないという状況を、誰が気安く考えるでしょうか?
その一方で、打つべき手立てを想像することを放棄してしまう患者の多さというものも否定できません。
自分が受けた肺がん検査が妥当であったかもわからないまま、治療方針を決めてしまったのでは足元がおぼつかない気がしますが、そんなことも考えずにただ医師の指示に従うだけの人も多いのです。

名医や権威なんて簡単に言ったところで、見分け方も難しいところがありますし、とりあえずは目の前の医師に従うというのが、患者の立場では妥当なところでしょう。
あまりうがった見方をして斜に構えるのが好ましいということでもありませんし、肺がん検査をせっかく受けたのであれば、その結果を無視するわけにはいきません。
ただ、全面的に鵜呑みにしてしまうということでは、自分の頭で考えることを放棄してしまっているのと同じことです。

専門家の意見に耳を傾けるのは大切なことですが、それは盲目的に従うということではありません。
自分の経験や理論に欠陥がないかという確認をへたうえで、正しいと感じたものを受け入れることが大切なので、肺がんの検査を受けたらそれで終了というものではありません。
そこからが闘病生活の始まりであり、本番のスタートなのです。

問題を分析するということが肺がん検査の意味であり、そこから名医を探して最先端医療について相談をしたり、一般的な抗がん剤の投薬治療や手術で治療できるかといったことを考えたりするといった取り組みが始まります。
どのような問題があるかを把握しただけでは、まったく意味がありません。
それを解決することが本来の目的なのです。

治療方針については、検査だけではなく肺がん名医によく確認しましょう。
正確な診断は、その後の治療の的確さに大きな影響を及ぼします。
設計図のいい加減な建物を着工したところで、昨今ニュースや新聞で報道されている耐震偽造や欠陥住宅が完成するだけです。
土台がしっかりしていなくては、大規模な高層ビルはもちろん、一般的な一戸建ての住宅すら満足に建築できません。

名医を見つけたら、肺がん検査を再度受けてみるというのも、一つの手です。
セカンドオピニオンにもなりますし、診断は一度しか受けてはいけないというものではありません。
権威に負けて、流されてしまうことは関心しません。自分の命はあなた固有のものです。
妥協してしまって後悔しないと言い切れる自信がない限り、ベストを尽くすことをやめてはいけません。

治療費の問題が解決できて、言語に自信があるのなら、日本国内に限定する必要もありません。
肺がんの検査の結果が思わしくなく、国内で受けられる医療では期待できないというのなら、アメリカをはじめとする海外に目を向けるのも手です。
もちろん、文化や食生活の違いへの戸惑いもありますし、情報収集の難しさも伴います。

同じ医療技術であれば、日本の病院の方が無難でしょう。
名医や権威の分布は国内外を問いませんが、日本人の心情を理解してくれるというようなことまで考えると、やはり相手も日本在住であることが好ましいはずです。
肺がん検査をきっかけに、闘病生活が始まったのなら、あとは精一杯戦い抜くだけです。

テレビ朝日がサッカー日本代表の中継を行うときのフレーズに、「絶対に負けられない戦いがそこにある」というものがあります。
患者にとって、闘病生活はまさに絶対に負けられない戦いです。
勝利をつかむためにも、適正な肺がん検査を受け、治療方針を決定しましょう。
手術を受けるのか、投薬治療を続けてみるのか、場合によっては最先端医療技術や最新治療法が必要となります。
何が優先すべき事項を明確にして、闘病生活を送りましょう。


 肺ガン名医と治療費



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺ガン名医に最先端医療を受ければ治療費は莫大な金額になってしまうかどうか、疑問ではありませんか?
確かに、平均的な医師に診察を受けるより、一握りの一流の技術を持ったプロにかかる方がお金がかかりそうだという気がするのはわかります。

しかし、実際には肺ガン名医だからといって、治療費が必ずしも高くつくというわけではありません。
保険が効くような医療であれば、全額を自己負担するわけではないことはどの病院でも同じことです。
ただし、最先端医療技術を適用する場合、保険が適用されないものもありますので、そこは注意が必要です。
勝手に保険でカバーできると思い込んでいると、後から予想もしていなかった高額の治療費を請求されるなどという笑えない結果になりかねません。

病院や医療と、一般のビジネスとではルールがまるで違います。
肺ガン名医のように、その道で超一流のプロフェッショナルが行う仕事には、高額の報酬が伴うのが一般的な会社やビジネスの現場での常識ですが、医療機関というのは色々と規制もありますし、ポイント制の診療報酬制度も存在します。
したがって、需要と供給のバランスによって商品やサービスの価格が形成される一般社会とは異なり、病院のお金の流れというのは、特殊なものということになります。

患者の立場として、無駄な治療費をかけないために簡単にできることとしては、とにかく事前に確認をすることです。
相手が肺ガン名医ではお金の話がしづらいということであれば、看護士や受付の人に質問しても良いのです。
保険の適用はあるのか、いくらぐらいかかるのかというを、概算でもかまわないので、事前に明確にしておけば、経済的な部分は安心して完治を目指すことができるようになります。

確認をおろそかにしてしまったために、決して安くない治療費が無駄にかかってしまい、せっかく肺ガン名医が見つかったというのに、経済的な事情で転院を余儀なくされてしまったというのでは、泣くに泣けません。
いくら生命が危機に瀕しているとはいえ、お金が必要なくなるわけではありません。
むしろ、通院費や薬代、手術代など、ものいりになっていく一方だと考えた方がよいでしょう。

治療費を捻出するため、新車の購入を中止して中古車に変更するといった工夫も必要になってくるかもしれません。
自家用車がなければ生活できない地域もありますので、車を持つこと事態が無駄だとは思いませんが、肺ガン名医に最先端医療を受けることと、新車を乗り回すこととどちらが大切かということは、自分自身で選択しなくてはいけません。
命よりも大切なものがあるのなら、そちらを優先することも間違いではありません。

生命はかけがえのないものですし、代わりもききません。
しかし、ただ生き長らえればそれでよいというものでもありません。
治療費の捻出に四苦八苦するよりも、楽しく暮らすことを選ぶことも、あなたの選択肢の一つです。
肺ガン名医でなければ、医療を行えないというわけでもありません。

ただ、その正確さや生存率が異なってくるので、延命や完治を第一に考えるのであれば、やはり肺ガン名医であるほうが安心できるという話です。
せっかく治療費を支払って医療を受けるのですから、ヤブ医者にかかったりしていたのではもったいないでしょう。
どの仕事であっても、その職業に従事する人のレベルは千差万別です。
ただプロフェッショナルであるというだけの理由で安心してしまうのは、早計に過ぎます。

若い頃、進路に迷った経験もあったのでしょうが、それもいつか遠い記憶に変わりつつあります。
進学するか、それとも就職するか、就職するにもどの会社にするか、選択肢は無限にも思えるほど転がっており、なおかつどれがいいのかなど先読みはできないものでした。
肺ガン名医を探すかどうかということも、それと同じことです。
異なるのは、若い頃の進路の選択は修正叶なものでしたが、闘病生活においての判断ミスは、命取りになりかねないということです。

後悔することのない人生など、いくら心がけても送れないものです。
人間には過去も未来もあるのですから、それは仕方ありません。
せっかくなら、もっと早く肺ガン名医を見つけていれば治療費を無駄にしなくて済んだのにと悔やむことよりも、これから何ができるかを真剣に計画した方が意味のあることです。

過去を振り返ることは、未来に活かすためには価値ある行動ですが、ただ悩んでいるだけならまったく無駄です。
後悔はストレスを生み出し、身体に悪影響すら及ぼします。
これは肺ガン名医でもどうにもすることができません。
患者の心の持ちようを他人が根本的にかえることなど、誰にもできないのです。

全力を尽くすことで、未来は開けてきます。
今の自分にとって必要なものがなんなのか、冷静に考えてみましょう。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.