患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺ガン名医と治療費



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺ガン名医に最先端医療を受ければ治療費は莫大な金額になってしまうかどうか、疑問ではありませんか?
確かに、平均的な医師に診察を受けるより、一握りの一流の技術を持ったプロにかかる方がお金がかかりそうだという気がするのはわかります。

しかし、実際には肺ガン名医だからといって、治療費が必ずしも高くつくというわけではありません。
保険が効くような医療であれば、全額を自己負担するわけではないことはどの病院でも同じことです。
ただし、最先端医療技術を適用する場合、保険が適用されないものもありますので、そこは注意が必要です。
勝手に保険でカバーできると思い込んでいると、後から予想もしていなかった高額の治療費を請求されるなどという笑えない結果になりかねません。

病院や医療と、一般のビジネスとではルールがまるで違います。
肺ガン名医のように、その道で超一流のプロフェッショナルが行う仕事には、高額の報酬が伴うのが一般的な会社やビジネスの現場での常識ですが、医療機関というのは色々と規制もありますし、ポイント制の診療報酬制度も存在します。
したがって、需要と供給のバランスによって商品やサービスの価格が形成される一般社会とは異なり、病院のお金の流れというのは、特殊なものということになります。

患者の立場として、無駄な治療費をかけないために簡単にできることとしては、とにかく事前に確認をすることです。
相手が肺ガン名医ではお金の話がしづらいということであれば、看護士や受付の人に質問しても良いのです。
保険の適用はあるのか、いくらぐらいかかるのかというを、概算でもかまわないので、事前に明確にしておけば、経済的な部分は安心して完治を目指すことができるようになります。

確認をおろそかにしてしまったために、決して安くない治療費が無駄にかかってしまい、せっかく肺ガン名医が見つかったというのに、経済的な事情で転院を余儀なくされてしまったというのでは、泣くに泣けません。
いくら生命が危機に瀕しているとはいえ、お金が必要なくなるわけではありません。
むしろ、通院費や薬代、手術代など、ものいりになっていく一方だと考えた方がよいでしょう。

治療費を捻出するため、新車の購入を中止して中古車に変更するといった工夫も必要になってくるかもしれません。
自家用車がなければ生活できない地域もありますので、車を持つこと事態が無駄だとは思いませんが、肺ガン名医に最先端医療を受けることと、新車を乗り回すこととどちらが大切かということは、自分自身で選択しなくてはいけません。
命よりも大切なものがあるのなら、そちらを優先することも間違いではありません。

生命はかけがえのないものですし、代わりもききません。
しかし、ただ生き長らえればそれでよいというものでもありません。
治療費の捻出に四苦八苦するよりも、楽しく暮らすことを選ぶことも、あなたの選択肢の一つです。
肺ガン名医でなければ、医療を行えないというわけでもありません。

ただ、その正確さや生存率が異なってくるので、延命や完治を第一に考えるのであれば、やはり肺ガン名医であるほうが安心できるという話です。
せっかく治療費を支払って医療を受けるのですから、ヤブ医者にかかったりしていたのではもったいないでしょう。
どの仕事であっても、その職業に従事する人のレベルは千差万別です。
ただプロフェッショナルであるというだけの理由で安心してしまうのは、早計に過ぎます。

若い頃、進路に迷った経験もあったのでしょうが、それもいつか遠い記憶に変わりつつあります。
進学するか、それとも就職するか、就職するにもどの会社にするか、選択肢は無限にも思えるほど転がっており、なおかつどれがいいのかなど先読みはできないものでした。
肺ガン名医を探すかどうかということも、それと同じことです。
異なるのは、若い頃の進路の選択は修正叶なものでしたが、闘病生活においての判断ミスは、命取りになりかねないということです。

後悔することのない人生など、いくら心がけても送れないものです。
人間には過去も未来もあるのですから、それは仕方ありません。
せっかくなら、もっと早く肺ガン名医を見つけていれば治療費を無駄にしなくて済んだのにと悔やむことよりも、これから何ができるかを真剣に計画した方が意味のあることです。

過去を振り返ることは、未来に活かすためには価値ある行動ですが、ただ悩んでいるだけならまったく無駄です。
後悔はストレスを生み出し、身体に悪影響すら及ぼします。
これは肺ガン名医でもどうにもすることができません。
患者の心の持ちようを他人が根本的にかえることなど、誰にもできないのです。

全力を尽くすことで、未来は開けてきます。
今の自分にとって必要なものがなんなのか、冷静に考えてみましょう。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.