患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がん名医の条件



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺がん名医の条件 とはどのようなものでしょうか?
最先端医療技術や最新治療法の習熟度や、知識・経験の量など様々な能力が要求されていますが、最終的には患者を完治させることが目的です。

机上の空論のような理論を振りかざしていることよりも、病院の現場で患者を完治させることこそ、肺がん名医の条件 として欠かすことのできないものです。
研究室で新薬の開発をするのも大切なことですが、患者に最適な投薬治療を行ったり、手術をしたりといった医師が不足しては元も子もありません。
コーチや監督だけそろっている野球チームがあっても、選手が不在なら試合をすることはできませんし、勝つこともありません。
4番打者やエースピッチャーがあってこそ、強豪チームになれるように、肺がん名医は闘病生活のパートナーとして、不可欠な存在です。

正確な診断を行い、本当に必要な治療法が何なのかを見抜き、選択することができなければ、いくら技術が進歩したところで、その恩恵が患者に到達することはありません。
実際の医療の現場で活かされてこそ、医学の進歩は価値を生み出すことができるのです。
患者の立場としては、とにかく完治させることが大切なわけで、それが肺がん名医の条件に重なってきます。

権威と呼ばれる医師の中には、患者を治療することよりも、研究を行うことを主な活動にしていることもあるようです。
もちろん、それはそれで患者の闘病生活に寄与するものであることは間違いありません。
ただ、極論ではありますが、直に診断を行ったり投薬治療や手術を行う医師が存在しないとしたら、どのようなことになるでしょう。

高度な風邪薬を薬局で購入することはできるようになるかもしれませんが、難病には立ち向かえません。
肺がん名医の条件 が判断をしてこそ、処方箋の必要な薬を手に入れることができますし、手術も可能になります。
患者1人で闘病生活を送るわけにはいかないのです。

野球のチームで言えば、バットやグローブの業者が素晴らしいものを提供しているものの、それを使用する選手がいないのと似たようなシチュエーションでしょうか。
確かに道具は必要ですし、なければ困りますが、それだけでは到底たりません。
最大限に道具を活用できるだけの知識と技術を持った肺がん名医がいてこそ、そこに新しい価値が生み出されるのです。

最善の治療の条件としては、肺がん名医が関与することが挙げられます。
それがあってこそ、患者は納得することができるのだと思います。
1人では把握しきれない詳しい病状や治療法について、補足してくれる誰かの助けが必要です。

それは優秀な専門家の存在にほかなりません。
肺がんの名医の条件は絶対的なものではありませんので、自分なりのアレンジは許容されます。
必ずしもこうでなければいけないというようにがちがちに考えるより、柔軟な発想の余地を残しておく方がよいでしょう。

あまり思い込みが激しすぎると、応用がきかなくなるものです。
基本さえ抑えておけば、自分に最適なものに変更したってかまわないのです。
それは肺がん名医の条件にしても同じことです。

たしかに共通して評価できる基準はありますし、それがなければ情報の共有ができません。
ただ、一心不乱にそれを信仰していればよいというものではありません。
宗教ではないのですから、疑いなき無心の信頼をする必要などはないのです。
相手の存在が自分にとって大切であるかどうか、その見極めが大切です。

たとえば、最先端医療技術に精通していることが重要という考え方もあれば、肺がん名医の条件 に親身さを求めるという人もいることでしょう。
どちらが正しいという問題ではなく、置かれている状況に合わせた選択をしていくことがベストです。
そこには凝り固まった価値観よりも、臨機応変で柔軟な発想が必要になります。

そうは言っても、世の中を驚かすような斬新なアイディアを出せというわけではありません。
肺がん名医の条件というのは、もっと制約された中で考え出されるもののため、奇抜なものはあまり出てこないでしょうし、逆に何も浮かんでこなくて産みの苦しみを味わうということもないでしょう。
一つの絶対的なルールを決めてしまえば、運用する個人の人格を反映することはできなくなります。

それよりも、もっと遊びの部分を残した対応が肝心です。
車のハンドルに余裕があるように、肺がん名医の基準についても、あまりがちがちに思い込まないことが大切です。
わずかにハンドル操作を誤っただけで、車そのものの進行方向がぶれてしまうようでは、危なくて運転などできなくなります。

人生の運行も同じことです。
適度な余裕を持っていないと、視野が狭くなって本質を見失います。
肺がん名医の基準というものも、ある程度自由に考えていてかまわないのです。
知的を装う必要もありませんし、冷静ぶることもありません。
ただ、ありのままの自分と向かい合いましょう。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.