患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がんに健康食品は有効か?



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


健康食品は肺がんを治すことができるでしょうか?
少なくとも、答えはノーではありません。
ただし、そのためには本物を選ぶ目が必要になってきます。

巷に溢れる健康食品には、肺がんにまるで効果のないものも含まれているからです。
まずは病気に対してその素材が向いているのかどうかという問題があります。
まったく検討はずれな商品を選んでしまったのでは、病気の回復は期待できません。

また、同じ素材の健康食品でも、肺がんに効くものと効かないものもあります。
成分の含有量が違っていたり、加工の仕方が異なっていたりするのです。
成分量が2倍になれば、当然身体に与える効果にも差が出るわけです。
もっとも、適量というのはあるので、一概に多ければそれでいいとわ言えません。
多すぎることで、かえって副作用が出てしまうこともあります。

ただし、効果を求められる一定量を越えないと、飲んでも意味がないということもあるので、注意が必要です。
あくまで定められた適量を守ることで、健康食品を肺がんの治療に役立てましょう。
個人差はあるので、多少の加減は許されるにしても、許容範囲があることは理解しておいてください。

大切なのは、そこを販売業者が理解しているかどうかということです。
難病の肺がんを健康食品で治そうということなのですから、当然選び抜かれた商品を選ぶ必要があります。
それを見誤れば、効果など期待できず、時間とお金をただ浪費するだけの結果に終わることは当然のことです。

抗がん剤のような副作用を避けた上で、絶大な効果を得るというのは、都合のよい話です。
もちろん、長年に渡って人類が積み上げてきた闘病経験はあなどることはできません。
様々な人がそれぞれに培ってきた経験が活かされ、肺がんの健康食品は見出されます。
それは、時に西洋医学に根拠を置く薬をしのぐ効用を持つこともあります。

しかし、真偽を見極め本物を見抜く確かな目を養わなければなりません。
そのためにも、肺がんの健康食品について、販売している会社がどれだけ商品に誇りを持ち、知識を共有しているかが重要な基準になります。
良質なものを取り扱っている会社であれば、商品の魅力をありのままに伝えることが何より大切になります。
キャッチコピーや広告だけに頼る会社には、商品や病状に対する深い知識は不要です。
ただ聞こえのいい言葉を取り繕って、その場をしのぐことが売上を左右することになるからです。

本当に健康食品で肺がんを治療させる、あわよくば完治させるとなると、どのようなものでも足りるというものではありません。
体質や病状に合っていることが前提になりますが、それ以前に、まずこだわりをもって製造されているものである必要があります。
その基準を超えたとき、自分の身体との相性が問題になるのです。

医師の処方薬でも万人に万能なわけではないように、肺がんを健康食品で必ず完治させられるというわけではありません。
そのようなものがあれば、副作用を伴う抗がん剤や手術、名医といったものはこの世界から存在しなくなっているはずです。
残念ながら、そのような完璧なものはそんざいしていません。

その一方で、医師の力では治療できない症状を、肺がんの健康食品で回復させることができたという情報も報告されています。
まずはその成分が本当に有効であることを前提として、あとは患者の体質や病状の進行具合といった、個人差に左右される要因が挙げられることになります。
ある人には効いても、また別の人にはまるで何らの効果も認められないということがあることは否定できません。

それは個人差の問題と言わざるをえません。
ただし、服用の方法が自己流の不適切なものであったり、あるいはあまりにも短期間で劇的な改善を求めすぎているため、すぐに飲用を中止してしまうことで、せっかく自分の身体にあっているものを放棄してしまうというケースもあります。

今日飲んで明日には何らかの効果を実感できるというのは、理想的な話です。
しかし、病気を告知された段階で、人生はそう甘くはないということを思い知らされたはずです。
本気で完治を目指したいなら、闘病生活がそれなりの期間に及ぶことを覚悟した上で、健康食品を利用して肺がんと付き合ってみたらどうでしょう。

明日治ることはなくても、健康に何らかの寄与をしている可能性はあります。
たとえば、快方には向かっていなくても、症状の進行を防いでいてくれるのかもしれません。
それは闘病生活を送る患者自身にも実感としてはよくわからないところです。

医師としても、処方薬以外にまで興味をもってはいないというケースが多いので、肺がんを健康食品で治すことができるか、真剣に研究したことがないといったことも多く見受けられます。
そうなると、自分で理性を持って試していくほかはありません。
大変なことは間違いありませんが、自分の生命に最終的に責任をもてるのは自分しかいないのです。

希望という感情と、冷静な理性とを共有して、賢く健康食品を利用して肺がんと付き合っていきましょう。

「がん治療」悩んでないで医師電話相談

全国のフコイダン療法推進医師との電話相談をしながら正しく「フコイダン」を

取り入れていただける「超高濃度フコイダン30」の健康ぐみです。



copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.