患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がん検診の注意点



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


肺がん検診は、ただ受ければそれでよいというものではありません。
病院の言いなりになるのではなく、主体的に押さえておくポイントをしっかり把握しておくことが、予防や早期発見につながります。
もちろんあいては医療のプロですから、信頼して任せることは大切ですが、丸投げは好ましくありません。
まず、肺がんの検診を受ける際の事前の注意事項があります。

当日になってのそのそと病院に行って、ただ言われた通り検査を受けて帰ってきたというのでは不十分です。
帰り道にどのような居酒屋で一杯引っ掛けようかを気にする人もいますが、そんなことよりも心を配るべき事柄があります。
健康を確認し、推進するためにわざわざ肺がん健診に出向くのですから、その効用を最大限に発揮するためにも準備が必要なのです。
ゴルフでもボウリングでも、練習がなければ良いプレーができないのと一緒です。

普段は健康のことなど二の次にして暮らしているにしても、それを無視しているわけにもいかないという自覚が多かれ少なかれあるからこそ、肺がん健診に赴いているはずです。
それなら、一手間加えることにより、その効果を高めるところまで手を伸ばしましょう。
仕事だって時間ぎりぎりに通勤するよりも、思わず時間ができて散歩がてら道を変えてみたら普段は気にとめたことも無かったコスモスが咲いていて、心安らぐというようなこともあります。
ちょっとした遊び心を持てるかどうかによって人生の豊かさは異なってきますし、肺がん健診だって義務的に行くだけではなく、名医や権威ある医師がいそうかどうか関心を持ちながら病院に行くだけでも退屈を紛らわせることができるはずです。
名医や権威ならどのような立ち振る舞いをし、他のスタッフからどのように慕われているかを想像しながら歩いていれば、病院は格好の観察の舞台です。

目的もなくただ肺がん検診に行けば、時間を取られたという被害妄想ばかりが膨らみます。
本当は自分の体のためであるということを認識し、さらにそこから一工夫することにより、暇な時間が有意義で濃度の濃い時間に変化するのです。
趣味だって没頭すればあっという間に時間が流れていきますが、興味のない他人から見たら理解不能なものでしょう。
それは肺がんの健診にだって当てはまることで、ただの年中行事のように通っているだけでは意味が見いだせなくても、本来の目的を忘れることなく、さらにもう一歩意味を深めようとする姿勢さえあれば、とても意義深い時間を過ごせるはずです。

医学の粋を集めた医療機関は、ナイアガラの滝のような観光地にも負けないだけの興味深い観察対象のはずです。
漠然と行くだけだから、無機質なイメージを病院に持つだけで肺がん健診を終えてしまうのです。
せっかく病院に行くのなら、次のような点はチェックしておきましょう。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.