患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 手術と肺がん闘病記



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


手術について肺がん闘病記で調べていたところ、興味深い記述を見つけました。
医療ミスの問題などを考えると、あまり気が進みませんが、治療行為の一環として、体にメスを入れることも検討しなくてはならないということになったとき、過去に他の患者がどのようなみちのりをたどってきたかを知ることは大きな手がかりになります。
意見は様々ですが、手術が肺がん闘病記のメインテーマになっていることは多々あります。
それだけ大きな出来事であり、良い意味でも悪い意味でも、患者としては注意が必要であるということでしょう。

桜の花びらが散るように人生を終えてしまう危険性もはらんでいますし、花見の季節を前にこれから咲き誇る桜のように命を吹き返す可能性もある治療方法が手術で、肺がん闘病記においても危険性や効用についての記載が多く見られます。
太陽の光は地球上の生命が生きるための必須条件でありながら、あまりにまぶしすぎてじっと見れば視力の低下をもたらすように、大抵の物事は良い側面と悪い側面とを持っています。
だからこそ、本質を見極めることが大切なのです。

手術は肺がん闘病記によって劇的に描かれることの多いものですが、それは患者の心理に与える影響の大きさを反映したものではないでしょうか?
最近ではインターネットにより、著述業に従事していない人の文章を読む機会が多くなりましたが、旅行記などを読んでも、その人の心に残っているであろう場面が詳細に取り上げられていることが多くあります。
エジプトで見たスフィンクスやピラミッドは観光客の多さに圧倒されて神秘的な雰囲気を失っていたものの、砂漠の淵を思わせる郊外の道にカイロの一端を垣間見たという旅行記もありました。
実際、手術より肺がん闘病記の多くの紙面を割いて、医師や看護士とのちょっとしたやりとりを掲載している場合もあります。

そのような場合には、それが書き手の心に残っていたということではないでしょうか。
有名な観光地が旅の思い出になりやすいように、治療において印象に残りやすい出来事というものもあります。
しかし、必ずしも手術が肺がん闘病記のハイライトになるわけではないのです。
人間は千差万別ですから、青く茂る竹に生命の伸びやかさを感じる人もいれば、アジサイに生命の息吹を見出す人もいます。

そのような多様性が人類を豊かにしてきたのであり、手術は肺がん闘病記の中での扱いはもちろん、暮らしの中でも必ずしも重要なものではないのです。
ただ、多くの人が不安になるだけに注目されやすいのは間違いありません。
患者の生の声を聞いておくことは、今後の治療生活にとって無駄なことではないでしょう。
雨の日に退屈な気分で過ごすより、ネットの肺がん闘病記で手術について調べてみてはいかがでしょうか?
勇気付けられることや、参考になる記事も見つかるかもしれません。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.