患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がん執刀医



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


都道府県別、優秀な肺がん執刀医の一覧。
手術の成否を分ける医師の力量をわかりやすく表示した基準があれば患者の利益になると思いませんか?
テニスやゴルフの選手のように、ランキングがあれば、一つの目安になります。

これまでの手術の難易度と成功率を元に算出した肺がんの執刀医の実力をランキングにすることで、患者の病院選びの大切な指針にすることができます。
五里霧中で闘病生活を送っていると、不透明な医学界に憤ることがあります。
そんな理不尽を解消するためには、素人でもわかりやすい形で情報が開示されていることが必要です。

その一例として、肺がんの執刀医に全国基準でつけた評価があるのです。
元来、曖昧になりがちな医師の力量を明確に数値化することで、それぞれの長所や短所を浮き彫りにすることにもつながります。
国産と海外産の食料もそれぞれ一長一短なように、医療機関も特徴を把握しやすくしてほしいものです。

限られた時間で、患者は肺がん執刀医についての情報を収集しなければならないわけですし、これまでのデータがある程度整然と整理されていなければ、混乱を招くきっかけになります。
水が滞ることなく流れていれば清流となりますが、いちど詰まってしまえば濁流となります。
情報も同様のことが言え、スムーズに通過していくようにまとめておくことが求められているのです。

いくら肺がんが執刀医の力量次第で手術の成功率が変わってくると説明されたところで、主治医が信用できるかどうかがわからなければ、そんな話は水泡に帰してしまいます。
適切な情報が提供されていることは、切実な問題にさらされている患者にとって不可欠なだけではなく、専門家である医師の責任でもあります。
手術を前に、いくら検証したくても担当する医師が肺がんの執刀医として優秀かどうかを把握できなくては、どうして安心することができるでしょうか?

遠くシンガポールまで30000円以下で往復航空券を購入できる時代になっても、健康への欲求はいまもなお弱まることはありません。
マーライオンよりも明日の命というのが、人間の生物としての本能です。
いつかは日本有数の肺がん執刀医を見つけて手術を受け、完治させようなどと考えたところで、それは多くの場合妄想に終わってしまうことでしょう。

小豆島の長閑な自然や採石場の眺めに心を打たれるよりも、まずは命を延長させようというのが、人としての自然な成り行きです。
手術が必要になる可能性があるのであれば、肺がんの執刀医選びには慎重を期すことが欠かせません。
それでは、どのような基準で選べばよいのでしょうか?


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.