患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がん保険の選び方



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


告知を受けてからでも加入できる肺がん保険等、多数の種類のものをまずは検討していくことから始めましょう。

当然ながら、病気になってからでは、肺がんの保険の加入要件は厳しくなります。
できることなら、告知前に加入しておくことが最善です。
とはいえ、いざ発症してしまってはそんなことは言っていられません。
多少条件が悪くなっても、加入を検討する価値はあります。

病気になれば、通院や入院・手術とお金がかかる場面は多くあります。
それを現在の蓄えだけでまかなえないという悲劇を予防するために、やはり肺がんの保険には加入しておいたほうがよいでしょう。
お金がないために治療が受けられないのでは、人生をお金のために棒に振るのと同じ事です。

場合によっては、闘病成果を送るために、仕事を辞めなくてはならないこともあります。
毎月の給与所得がなくなるとなれば、経済的に困窮するのは当然のことです。
そんな時でも、肺がんの保険給付が受けられれば助かります。

病気療養中の休暇ということであれば、治療後に仕事復帰も可能ですが、実際には退職せざるをえないような場合もあります。
肺がんの保険にも入っていない状況で、退職届を出すのは不安が募ります。
給料はなくなる、病気が治っても再就職ができる見通しも立っていないという状況になってしまうわけです。
若ければ転職も容易にできますが、歳を取ってくるとそうはいきません。
それだけ、辞表の持つ意味も重くなってきます。

肺がんの保険選びの方法一つで、経済的な問題がすべて解消するとはいきませんが、少なくとも改善の手助けにはなります。
毎月収入が得られたり、手術や入院の際に必要な額が支給されれば、現実の財務状況と心理面の両面で安心することができます。
症状が進むほど、お金はかかります。
場合によっては、金銭面が制約となり、それ以上の医療を断念するケースも現実にあるのです。

命は誰しも一つしか持っていません。
換えのきかないものである以上、万策を尽くしてでも保護する必要があります。
その一環として、肺がんの保険を捉えていく姿勢を持ちましょう。

肺がんの保険選びは、絶対的な基準があるわけではありませんが、やはり保険料の支払額と給付のバランスが重要です。
病気になった場合に、どれだけの給付を受けることが最低限必要なのか、そして毎月いくらであれば肺がんの保険料として支出できるかを冷静に把握しましょう。
継続的な支出のため、一時的に無理をしても続きません。
給付との兼ね合いも考えながら、あまり多額になりすぎないようにしましょう。
場合によっては、生活の見直しを伴うこともあります。

これまでの家計を改善し、お金を捻出することもあるでしょう。
大変ですが、人生を左右する大問題ということを忘れないでください。

また、肺がんの保険選びの障害となるのが、その仕組みの複雑さです。
それぞれの会社ごとに規定の仕方も違いますし、契約書などとても隅から隅まで目を通せないほどの量の細かい文字が並んでいます。
それでつい諦めてしまうということもあるでしょう。
ある意味、理解できないものは契約しないという姿勢は評価できます。

しかし、肺がん保険選びはただ後回しにしてしまえばそれでいいというものでもありません。
一括して資料請求をしてみるというのも一つの方法でしょう。
たとえば、日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」



個々の会社ごとに内容を確認するのは大変なので、一括して資料を請求して、それを検討材料にするのです。
その上で自分に合っているものが見つけられなければ、申しこまなければいいというだけのことです。
納得できないまま、何となく申し込んでしまうというのは避けてください。

また、肺がんの保険加入の際には、セールスレディーからではなく、正規代理店からの申し込みが安心です。
セールスレディーでは、トラブルが起きた際、すでに退職していて連絡がとれず、契約時の説明との食い違いを追求できないといった問題があるからです。
相手の責任の所在を明確にしておける形で申し込みを行うことで、その場逃れの説明を予防にもなります。

肺がんの保険は、生きていくうえで問題が発生した際に、それを解決する手助けにすることを目的に加入するものです。
未払い等の新しいトラブルを巻き起こしたのでは、何のための加入かわかりません。
そのためにも、相手に逃げ場を与えないことが重要なのです。

もちろん、営業がすべて悪いとはいえませんが、なかには信用できない人がいるのも事実です。
後々のことまで考えると、肺がん保険加入は、正規代理店からという選択が、安心感を持つことができるでしょう。
もちろん、契約書等の資料はまとめて保管しておいてください。
後日申し込み内容や給付条件を確認する際にも必要になります。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.