患者目線の肺がん名医と手術
   肺がんの名医や手術、最新治療法について

 肺がん闘病記~名医探しの方法~



治したいならこの名医!!

がんはどこまで治せるのか


様々な肺がん闘病記を読んでいて、名医を探す方法がもっとも大きな関心となりました。
名医が見つかったことで、八方塞がりだった病状に光が射してきたという話もあります。
信頼できる医師が見つかるかどうかが分岐点になっている肺がん闘病記に触れたことで、次の行動は決まりました。

自分もまた、力量のある医者を探すという決意ができたのです。
ただし、私も医学に関してはまったくの素人です。
門外漢にとって、どのような方法で探して出せばいいのかは、見当もつきませんでした。

やみくもに病院を回りつづけたら、それでいいというものでもないでしょう。
そもそも名医と平均的な医師、そしてヤブ医者の違いというものはどこにあるのでしょう?
私なりに肺がんの闘病記を分析したところ、3つの評価基準があるのではないかと思います。

まず1つ目は、最新治療法についての習熟度や最先端医療技術・手術におけるレベルです。
名医であるには、当然ながら知識と技術が必要です。
これは肺がんの闘病記のを読むまでもないことでしょう。
常識とすら言えることです。

日々進化する最先端医療技術を知らずして、昨日までと同じ治療法を繰り返すだけの医師では、井の中の蛙と呼ばれても仕方ありません。
やがて、1日の差は10年、20年の遅れにつながります。
自分が肺がん闘病記を書いたとき、そんな医師や病院に命を任せていたことを誇れるでしょうか?
きっと後悔するだけではないでしょうか?

そうであるなら、まずはこの必要最低限な条件は満たしていなければ信頼できないことになりません。
しかし、医学知識や最先端医療技術を駆使できることは、名医であるための必要条件ではあっても、十分条件ではありません。
そのことは肺がん闘病記を読んでいるとよくわかります。

まさにそれが名医の第2の条件になります。
それはすなわち、患者の心のケアをする能力です。
いくら人体の仕組みや病気の解明が得意であっても、患者はあくまで人間です。感情が伴います。
その感情を汲み取る力がどれだけ患者に安心感を与えるかは、各種肺がん闘病記に載っているところです。

心と身体は別の者のようで、つながっているものです。
ストレスがかかれば、肉体の免疫力は落ちますし、場合によっては不眠や胃痛を引き起こしたりもします。
当然のことながら、肺がん闘病記に描かれている人たちは、病気という深刻なストレスを抱えています。
それを専門家である医師や医療関係者の言葉・態度で軽減することができれば、マイナスな感情から抜け出す有力な手助けになります。

前向きな気持ちになることの大切さは、肺がん闘病記を読んでいれば分かるのではないでしょうか。
毎日を不安の中で暮らすより、明るい気持ちで生活したいというのは、人間として当たり前の欲求です。
そのことがまだ生きていく活力を生み出すことにもなり、治療の一助にもなります。

それだけ重要な精神面をどうフォローすることができるかというのは、名医であるかどうかの大きな分岐点と評価してよいでしょう。
医師や病院を信頼できるかどうかが、どれだけ心の平穏につながるかを如実に物語るのが肺がん闘病記です。
あなたが今日、暗い思いを抱えているのは、一人で抱え込んでしまっているということが要因の一つに挙げられるかもしれません。

その重荷を一緒に背負ってくれるプロがいてくれれば、どれだけ負担が減ることでしょう。
1人では気が滅入るのは無理もありません。
肺がん闘病記を読むことで、同じ悩みを抱える患者の存在を知り、孤独を紛らわせてくれるという効果はあります。
しかし、身近で支えてくれる人の代わりになるものではありません。
やはり、生身の人間は必要なのです。

その意味で、名医の称号を得るための条件として、患者の精神のケアをできるかどうかということははずすことはできないでしょう。
言い回しや態度一つで、患者に不安や絶望を味わわせることも出来れば、反対に希望や喜びを引き出すこともできる立場にいるのが医者です。
実際、肺がん闘病記の中でも、彼らのことはしばしば語られています。
二人三脚で歩いていけると確信できる医師を見つけ出せるかどうかは、見過ごすことのできない大問題です。

名医の第3の条件としては、患者によって対応を変えられる柔軟性が挙げられます。
たとえば、とにかく1日でも長生きしたいという患者と、寿命を縮めてでも自分のしたいことをしてから死にたいという患者とでは、当然必要な処置の方法が変わってきます。
人生観は人それぞれなもの、肺がん闘病記から、満足できた出来事を拾い読みしていっても、病気の回復の見込みが出てきたことを描写しているものもあれば、人生の目標を一つ達成できたことを挙げる人もいます。

誰もが望む幸せの形など、世界には存在していません。
個々それぞれに望むものが違うという差異を理解し、行動に落とし込むことは病院側にとっては大きな負担でしょう。
しかし、それを具現化している医療機関を探し出すことが、患者にとっては幸せな今後の生活を送るためには欠かせません。

いつか、肺がん闘病記を書くとしたら、あなたはどんな内容にしたいですか?
その答えには、あなたの価値観が反映されているはずです。
自分自身を分析することも時には必要なこと、この機会に自分自身の心に問い掛けて見てはいかがでしょう。


copyright © 2005 患者目線の肺がん名医と手術 all rights reserved.